タグ別アーカイブ: 福島

東北撮影旅(アクアマリンふくしまなど)

2016年になりました。

張り切ってまいりましょう!

 

というわけで年の初めのエントリーは・・・昨年2015年のうちに投稿し忘れた東北旅のレポです。なんと年越し投稿・・・今更で申し訳ありません。

 

アクアマリンふくしま」の夕景を撮影してきたので、まずはその辺から。

 


 

12月18日

天気は快晴。これは良い夕焼けが撮れそうです。

到着してまずは「いわき・ら・ら・ミュウ」で浜焼きなどを食べつつ周辺を散歩。

夏風は美味しそうな匂いに敏感に反応しておりました。食いしん坊ですね。

03ららミュウの匂いに

 

まだ歩き足りないので近くの三崎公園に移動。

01三崎公園の夏風1 02三崎公園の夏風2

旅犬らしい良い顔ですねー。

 

日が傾きだしたので「アクアマリンふくしま」に戻ります。

04アクアマリンふくしま1

かっこいいです。

05沿岸警備艇と丼

海上保安庁の巡視船もかっこいいです。頼りにしてます。

出前のどんぶり置き場(画像左下の丸)もイカしますねー。こういう生活感もまたかっこいいものです。

 

天候は申し分ありませんが、冷たく痛い北風が強烈、波が細かくて・・・写り込みは期待できないかもですね。

06アクアマリンふくしま6 07ららみゅう夕景 08アクアマリンふくしま3

夕焼け空に染まっていくアクアマリンふくしま、とその周辺を撮影しまくり。ほぼ耐寒訓練でした(笑)

09アクアマリンふくしま2 10アクアマリンふくしま4 11ららミュウライトアップ

いやー寒い。冷たい。痛い。

気温はほどほどのはずですが、北風が氷のように冷たいのです。冷たさが刺さります。

 

ライトアップまで我慢です。

12アクアマリンふくしま5 13アクアマリンふくしま決め

いいんじゃないのかな・・・まぁまぁのが撮れたので退散です。

もう少し風がなければ、ライトアップが海面に映えてより綺麗なのでしょうね。今回は残念でした。次またがんばります。

 

14さはこの湯

いわき湯本温泉へ移動。こちらの公衆浴場「さはこの湯」を利用しました。

 

最高です!安いのに湯がいい!!こちらまた利用したいですね。

駐車場の狭さが唯一の弱点ですが、歩いて数分の場所に大きな駐車場があるようで、まったく停められないということは無いようです。

詳しくはこちらへ。


 

12月19日

大好きな街、石巻に到着。

 

早速Ingress散歩と洒落こもうと思いましたが、二日目は昨日に増して北風が痛いほどに冷たいのです。気温は決して低くありません。風さえ凌げればポカポカ陽気です。でも散歩をするには辛かったですねー。・・・。やめやめー(笑)

 

ずいぶん軟弱になったものです。わたくしも。

というわけで、今日はあれもこれも程々にマッタリしようと決めました。

 

ちなみに車内はこんな感じ。

15車内の様子

温泉でほっこり。車内でマッタリぬくぬく。

16いつもの上品の郷

持ってきた単行本を半分ほど読んだあたりでウトウト。夏風は、夏風もウトウトです。

そんな二日目でした。たまにはこんなこともあります。


 

 

12月20日

快晴。昨日までの痛かった北風も、今日は控えめのようです。

三日目は定義山まで。

17定義山に向かう道中

 

こちらもすっかり私のお気に入りの場所ですね。

お寺と、その門前町、そして三角の油揚げ。大好物だらけです。

18しめは定義山のあぶらあげ

 

お腹もふくれIngressもたっぷり遊べたので福島市へ向かいます。

その道中「鎌倉温泉」に立ち寄りました。こちらもお気に入りのお湯です。

 

身も心もホカホカな気分で向かいますは、福島市のアイドルカフェ「REVIVAL」さん。

 

実は私の友達のお嬢さんが福島市でアイドル活動をやっておりまして、時々そちらのグループさんの応援をさせていただいているのです。

 

普段は風景や建物、お客様のご要望を撮影してきたカメラが、今日ばかりはカワイイものを撮影するのでした。

人を撮るのに最適なレンズ、とりわけ明るめの望遠レンズなど持ち合わせておりませんが、なんとか・・・撮れたかな。ああ、少々硬いかも。

いやいや~人を撮るのは難しいですねー。カメラマンはすごいです。

 

そしてアイドルもまたすごいです。

「歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい」(竹中夏海)という名著のタイトルは、まさに真理をあらわしていますね。皆さんの頑張りで福島市を色鮮やかにしていってほしいものです。(下にその名著のリンクを貼っておきます)

 

帰路では東北道の事故と封鎖などで大渋滞がありましたが、いつもの抜け道でサクッと避けて、その日のうちに帰着。

なんといいますか、内容が薄い旅ですが、たまにはこんなのもいいでしょう。

 

私も夏風も寒さには耐性があるのです。

でも私に限れば、強風は苦手です(笑)

 

風まかせ東北旅2015・・・4日目

4日目です。

 

東北を風にまかせて巡ってきました旅も、本日で最終日です。
というのもわたくし週末にちょっとイベントがありまして、その前に戻っておかないといけないのです。名残惜しいですが。

 

道の駅上品の郷で快晴の朝を迎えます。
夏風はいつも良いポーズをとってくれますね。
他犬がいるときの怪獣ぶりを伺わせることがない良い子ぶりが、怪しすぎます(笑)

道の駅上品の郷

この旅の最後の目的、定義山を目指します。

 

仙台から山方面にしばらく入っていくと急に拓けて、お寺と、その門前町が現れます。ここが定義山。

 

不信心で申し訳ありませんが、参拝もほどほどにIngress散歩です。

04_02

夏風、ここでも猫を被った良い子ぶりです。

 

そして定義山といえば、何がなくとも、こちらの三角油あげですね。

これが実に美味い!
Ingress散歩疲れ・・・いや参拝疲れもあって二枚をペロリですよ。
さらには五枚入りのお土産も一袋購入。(帰宅後も美味しくいただけました)

04_03

すっかりお気に入りになりました油あげ。また近所に寄った際には買い込んでおくことにしましょう。いやこれ目的でスケジュールを組むなんてこともあり得ますね。

 

さて、あとは帰るのみ。
多少時間に余裕もありますし、燃費記録を狙ってみましょう。
今日ここまでも実に渋滞のない快適なドライブをしてきましたし、これは狙えるかもと思っておりました。

 

ナビでルートファインディング。記録が伸びそうな「平らで信号が少なそうな裏道」をいくつかつないで記録します。特に渋滞は避けなくてはいけません。スマートフォンのナビは渋滞を避けるのに大活躍なのですね。

そして下の画像が結果です。

11226194_874590199283454_1248762191821415570_n

総走行距離1397キロ、総給油量80.3リッターでしたので、結果リッター17.4キロです。

エブリイワゴン(DA62W)のカタログデータは、リッター17キロですので、軽くカタログデータ越えです。

どうです!この神の右足!!・・・なんてね!!!(笑)

 

燃費運転というと「おめーどうせ周りに迷惑なほどのゆっくりノロノロ運転してんだろ?」と思われがちですが、それがそもそもの大間違いなのです。むしろ流れをリードしたほうが燃費が伸びることもあるんですね。・・・えーっと、せっかくですから少し語りますね。

 

私の犬ぐるま、エブリイワゴン(DA62W)でいえば、ターボ車のほうがファイナルが高いんです。そう、ノンターボ車との大きな違いはファイナルギアなのです。これが実は大きい。
(ファイナルとは最終減速比のことです。詳しくは周囲のクルマに詳しい人にお尋ねください)

 

えーっと具体的な数字でいうと、私のクルマの時速60キロのときのタコは2500回転を指しています。ね、実に高効率でしょ。

 

さらにいえば、ちょうど燃費が伸びる回転数、トルクバンドで5速にのって走っていると、まぁ大きな声では言えませんが、(ピー!)プラスアルファな速度になっているんですね(笑)

 

これらを意識しアクセルを踏む右足に神を宿らせる。さらにシフトレバーにそえた左手にも神を宿らせる・・・するってーとアラ不思議!カタログデータは比較的簡単に目指せちゃうのです。
燃費運転に必要なものはノロノロ運転ではありません。計算です。
むしろ燃費が悪くなるノロノロ運転もあり得ますよマジで。

 

流れに乗って走っていても・・・まぁ中には私のクルマの外観を見ただけの先入観からでしょうが、グイグイ車間もあけずに煽ってくる輩もいますが、てきとうに無視です。先の信号が赤なのに煽るくらいですからね、何かあるんでしょ。トイレかな?ってね(笑)
その無駄なアクセルと勿体無いブレーキを無くせば結構ガス節約できるのになぁと鼻で笑いつつ、どうぞ好きなだけお抜かしあそばせ!ってなものです(笑)

 

とまぁ、今更鼻高々に語ることでもありませんが。せこいですし。
田舎道は比較的簡単に燃費記録が出せます。クルマの特性(エンジンの出力特性やギア比など)を考えれば、比較的簡単にどなたでも、ね。
狙ってみてはいかがでしょうか。

 

ちょっと語るつもりが長くなっちゃいました。失礼いたしました。

 

最後に動画を一つ貼っておきます。東北での4日間を4分ぐらいに編集した車載動画です。