タグ別アーカイブ: ホームページ制作

いろんな機器で見ることができるホームページ作り

検索される状況を検査してみると、わかっていることではありますが、今時はスマートフォンからの検索の比率が高いのですね。

 

もちろん「検索した」から「実際に行動に移した」の比率をみると、スマートフォンからのそれは、パソコンからのそれと同じ比率と思わないほうがいいのですが。
気軽に検索できるから数だけ爆発的に増えてはいます。

 

かといって無視はできないわけでして、するつもりもありませんし、また業種によってはその比率の差は逆転してきている実感もあります。ネットショップであるとかは、それですね。

 

え~グダグダ書いておりますが、要するに、スマートフォンで見やすいホームページを用意しなくてはいけないのです。これから先は特に!

 

 

我が事務所のサイトもアクセシビリティ対応なので、ぜひいろいろ試してみてください。

パソコンでご覧いただいているようでしたら、ブラウザの大きさをクネクネ変えてみてください。表示が変わる様子がお分かりいただけるかなと。

 

パソコンでは、タブレットでは、スマートフォンでは、・・・。

様々なデバイスからみることができるように、対応しております。

 まぁサイトの中身はスカスカなのは私の記事の少なさのせいではあります、ご容赦をw

 

私はいつも「1年ひと昔、5年大昔」とネット社会の変化の速さを語ってきました。

今はさらに加速している感があります。

 

5年ぐらい前、もしくはそれ以上前に作ったホームページを、作り変える時期が来ているのかもしれません。

 

なにせ、やれ「スクリーンクエリーの数値だけど何がいいのか・・・?」や「スマートフォン向けのメニューの仕組みの主流は・・・?」などなど、今日話している情報が、数ヶ月も経てば古い情報になりかねないほどの足の速さなのです。

 

日々勉強です。脳みそが沸騰してます。私の事務所のサイトは、これからもテストの場として、手を加えては壊れて~直して~を繰り返していくことでしょうw

 

セキュリティも必須、アクセシビリティも必須、SNSも有効、とあっては、お客様におかれましても大変でしょう。

 

「もうネットなんてどうでもいい!」と投げ出したいという方もおられるとか。わかります。

 

そんな時の、私どもです。

お声かけ、お待ちしております。

 

ヒップス人見

ヤゲタコーポレーション様をご紹介!

ある仕事のお話。

 

そのお客様はすでにHPをお持ちでした。
しかし管理していた会社が事業撤退とやらでHP自体が宙に浮いてしまうことになってしまったそうです。
そこで私に管理を引き継いでくれないか?との問い合わせがあり、お会いすることに。

通常このようなお仕事のご依頼は引き受けておりません。
人様のつくったホームページほど触りたくないものはないもので。

 

さて・・・結論からいえば、大変誠意を感じるお客様でしたので、私の方で引き継ぎをさせていただきました。

 

しかし現状では難点があることを包み隠さず申し上げました。

 

その時点で動いていた旧HPの出来がよろしくなかったのです。
ぶっちゃけtableでレイアウトされている旧態なHPであることに加えて、そのタグも所々抜けがあるような状態で、よくもまぁ今まで動いていたものだと苦笑いをしてしまうようなものでした。
(tdとスラtdの数が合わないというびっくりソースだらけでした。多少のタグ抜けは吸収し修正してしまうほど、現在のブラウザは出来が良いともいえるのかもしれませんね・・・これを良いというべきか悪いというべきか。私だって多分に助けられておりますが(笑))

 

そのような状態でしたので、今後のことも考えるとリニューアルをするべきですと提言させていただきました。

 

そうしますとお客様からは前向きがご返答をいただきましたもので、サクッと2パターンほど見積もりを出させていただきました。

 

ご予算の範囲内で、少なくともSEO対策がなされている(今後もなされやすい)仕組みへとリニューアルしましょうということになりまして。
しかしゼロから作り変えるほどの予算もないということで。

 

えーっと今回の作業を建物のソレに例えますと、
「基礎を打ち直し、柱を立て直す」
「内装や建材の一部は積極的に再利用」
というようなリフォームをしました。

 

今までは基礎も柱もなかったのです。
そういう建て方も出来てしまうのですが、ネットの標準化団体W3Cからは推奨されていません。
「tableタグでレイアウトするべきではない」と言われ続けているのに、まだそれをしてしまう業者がいるのですね。

 

PHPで基礎と柱を作り、今までの建材や内装物を再レイアウト。
これで問題なく検索エンジンの巡回ロボットさんをお迎えできる家(ホーム)が出来ました。

 

今回のお客様は、HP上で言えることが少ない事業形態(重量鳶のプロ集団)なのですが、だからこそ少ないキーワードをしっかりと拾ってもらうような作りにしておかないといけませんよね。彼らのプロ意識を理解してもらいやすいように。
そのためにも「作業風景の写真を頻繁に更新するべき」旨もお客様にはご理解をいただきました。
たくさん載せましょう。現場の人には写真が一番です。でしょ?(笑)

 

以上のように、HPを例える際は建物に例えるといいのです。
家のページ、ホームページなのですから。

 

今回お世話になったお客様:

yageta
ヤゲタコーポレーション様
鹿沼市にある重量鳶のプロ集団。重量物の搬入設置移設、なんでもござれ!という企業様です。
あいにく私のような仕事では頼むようなものがありませんが、この記事をお読みの皆さまの、記憶の片隅においていただけますと幸いです。

 

【追記】稼動から数週間という短い期間ではありますが、現状で分かっていることを解析してみますと、重量物移設というキーワードが肝になっているようでした。
プロ同士の検索キーワードほど、私たちのような門外に分からないことはありませんね。(メモメモ、であります)